腕時計の並行輸入品と国内正規品のアフターフォローの違いについてまとめました

腕時計でも海外メーカーのものも日本国内でたくさん販売されていますよね。

特にお葬式では、個人が利用していた時計を棺の中に入れて見送ることも多いですしね。
参考⇒https://xn--n8jt61kkhce77c.com/

そんな腕時計なんですが、海外メーカーの腕時計を日本国内で購入するにあたって、並行輸入品と正規輸入品の二つに分かれるんです。

この違いというのは、並行輸入品は正規のルート以外のルートで輸入された商品のことを言います。

そしてその逆で正規輸入品というのは正規のルートで日本の正規店へ輸入された商品のことを言うんですね。

そんな二つの海外メーカーの商品なんですが、アフターフォローに大きな違いがあるんです。

日本国内の正規店で販売されている正規輸入品は、購入した後もアフターフォローとしてメンテナンス等を正規店で行ってもらえるサービスがあります。

ですが並行輸入品の場合は万が一壊れた場合でも正規店で修理をしてもらうことはできませんし、メンテナンス等のアフターフォローを受けることができません。

その代わりというのもなんですが、並行輸入品の方が安い価格で購入することができます。

腕時計は精密機械ですのでアフターフォローが万全であるほうが安心して使用できます。